〜目指せ3ヶ月で5キロ減!〜短期間でダイエットを成功させたい人のトレーニング方法のメイン画像

無理な食事制限はしないほうがいい

私が実践した食事への工夫


ダイエットを始めようと考えたとき、私は食事制限ではなく「運動」を重視しながら続けていこうと最初に決めていました。

何故なら私の仕事はストレスが多く、食べる事を制限してしまうと精神衛生的に良くないと判断したからです。

後日、六本木にある「ガジャーラ」というジムスタジオに通い始めたことで、この判断は正しかった事が証明されます。

ガラーシャではトレーナーさんがマンツーマンでトレーニングの指導を行ってくれるだけでなく、「食事へのアドバイスや指導」も行ってくれるので効率良くダイエットを続けていくことが出来る素晴らしいジムスタジオです。

私はジムに通い始めた当初、トレーナーさんに食事制限の必要性について聞いたのですが、トレーナーさん曰く「無理な食事制限はしない方が良い」との答えを頂いたので私はそれ以後、食べる事への制限は一切しない事に決めたのです。

ただ、トレーナーさんの指導の下で食事内容に若干のアレンジは加えました。

それまで肉中心だった食事メニューを野菜や魚中心に変えて栄養バランスを意識しながら日々の食事メニューを考え、さらに雑穀米や酵素ドリンク、グリーンスムージーなどの健康食品なども積極的に取り入れていったのです。

中でも雑穀米は私のお気に入りで、むしろ白米よりも好みの味だったので現在でも私は自宅での食事では雑穀米を食べています。




付加要素としてオススメのアイテム


私はジムのトレーナーさんの指導の下、日々の食事に工夫を加えながらダイエットに励んできましたが、中でも付加要素としてオススメだと思ったのが「グリーンスムージー」と「酵素水」です。

ちなみにグリーンスムージーは既製品ではなく自分でさまざまな野菜を購入して、アレンジなどを加えながら作るようにしていたので、以前よりも野菜に関する知識が深く身に付いたように感じます。

その中で特に私が気に入っているのが、「ほうれん草」や「小松菜」、「リンゴ」、「大麦若葉」を使って作る青汁に似たグリーンスムージーです。

このスムージーは私が仕事で忙しい時などに野菜が不足していると感じたときに飲むようにしていました。

また、酵素水はダイエットの補助的な役割を担ってくれる事もあり、今でも会社などで水分補給の一環として飲むように心掛けています。